『Number』933号


『Number』933号にて、巻末のスポーツの記録にまつわる連載コラム「Number on Number」第416回の挿絵を担当させていただきました。

今回のテーマは、「バレーボール女子日本代表」についてです。今年から、バレー界の切り札的な存在と言われている中田久美監督が就任したということで、切り札という言葉からバレーボールのカードゲームをイメージして描きました。


選手カードや技カードなど…楽しく描かせていただきました。


ぜひ手にとっていただけると嬉しいです。

info
株式会社 文藝春秋
Sports Graphic Number

Read More

ブラックホールをのぞいてみたら

大須賀健[著]『ブラックホールをのぞいてみたら』のカバーイラストと本文イラストを担当させていただきました。
デザインは坂詰佳苗さんです。

ブラックホールを覗いている宇宙飛行士や犬、変な生物など描きました。
写真だとわかりづらいですが、イラストの部分はシルバーになっています。

カバーを外した表紙のところにも犬がいたりと、可愛くデザインして頂きました。


本文のイラストもたくさん描かせて頂いたのですが、著者の大須賀先生がいらっしゃる国立天文台へ編集の方とお伺いして、ブラックホールのことを直接教えて頂きました。
普段聞くことのできない話をたくさん聞くことができ、とても貴重な経験でした。

子どもたちに向けて講演会などを開かれいる大須賀先生の文章はすごく分かりやすくて、楽しい内容になっています。
ぜひ一度ブラックホールをのぞいてみてはどうでしょうか?!

client : 株式会社KADOKAWA
design : 坂詰佳苗

Read More

いいことが次々やってくる!「神様貯金」


真印[著]『いいことが次々やってくる!「神様貯金」』のカバーイラストを担当させていただきました。


幸せを運んでくれそうな神様を描いて欲しいというご依頼で、大黒様のような龍を描きました。


ぜひ書店にて手に取ってみてください。

client : 三笠書房

Read More

『Number』932号


『Number』932号にて、巻末のスポーツの記録にまつわる連載コラム「Number on Number」第415回の挿絵を担当させていただきました。
今号から全8回、テーマに沿ったイラストを描かせていただきます。



今回のテーマは、ニューヨーク・ヤンキースの新人「アーロン・ジャッジ」選手についてということで、ニューヨークの街でアメコミ風のヒーローが戦っているイメージで描きました。アーロンジャッジの看板や、ファンの男の子も描いています。


ぜひ手にとっていただけると嬉しいです。

info
株式会社 文藝春秋
Sports Graphic Number

Read More

頭がよくなる 謎解き 国語ドリル/算数ドリル


小川 大介[著]『頭がよくなる 謎解き 国語ドリル』『頭がよくなる 謎解き 算数ドリル』のカバーイラストを担当させていただきました。
前回も描かせていただいたシリーズものになります。


今回は国語と算数ということで、夏目漱石になりきった男の子と数学者になりきった男の子を描きました。


ちょこんと出てきている猫もかわいく描けました。

謎解き形式で楽しく学べる本になっています。
ぜひ書店にて手に取ってみてください。

client : かんき出版
design : 梔図案室

Read More